気になる有機ゲルマニウムのお話

老化予防に最適な有機ゲルマニウム

老化現象と有機ゲルマニウム

老人性アミロイドーシス形式に対する作用

アミロイド(amyloid=多くの慢性・悪性腫瘍などによって生じ、臓器組織や脳細胞に沈着して機能障害を招く異常タンパク質性の線維の重合で、いわゆる老人班もその一つの現象である)は、老化に伴う諸疾患の発症との因果関係が注目されています。

老人性アミロイドーシスへの働きを裏付ける実験報告

マウスに有機ゲルマニウムを22ヶ月間投与したところ対照グループでは、十二指腸・大腸・肝臓・脾臓・腎臓・生殖器などでアミロイド(老人班の原因物で老人につれて体内に生成される変性蛋白質)が発生しましたが、有機ゲルマニウム(アサイゲルマニウム)を投与したグループでは、全く発生しなかったのです。有機ゲルマニウム(アサイゲルマニウム)は各臓器におけるアミロイドーシスの発生を濃度依存的に抑制した結果になります

痴呆症、うつ、そううつの効果・予防として

食欲・睡眠・排便・寝起きの改善が見られ、記憶力・意欲・集中力の強化・表情の豊かさの向上が見られた。「記憶力・意欲・集中力の強化」といった”脳力の改善”は歳とともに忘れっぽくなり、目標を失い、投げやりになっていくことを嘆いている高齢者には、大きな励みになります。

>>参考書籍