気になる有機ゲルマニウムのお話

活性酸素やSOD(スーパーオキシドディムスターゼ)との関係

活性酸素を撃退

活性酸素との関係

酸素は私たちが生きていくうえで、欠かせないものです。
人間をはじめ、生き物は身体に取り入れた食べ物をエネルギーに変える時に酸素が必要なのです。

しかし、通常の呼吸で摂取する酸素の2%が、活性酸素に変化するといわれています。
活性酸素の発生メカニズムは、体内に取り込まれた酸素分子の電子が強引な結合を繰り返した結果発生するのです。この発生は決して特別なことではなく、誰の体内でも日常的にあるのです。

酸素は他の物質と結合すると「酸化」させてしまう性質があります。
空気中で炎が燃えたり、鉄が錆びるのは、この酸素の性質によるものです。
この性質を有したまま、体内で不安定な分子となり、当初の酸素の働きをこなせなくなったものが活性酸素といわれています。

SOD(スーパーオキシドディムスターゼ)

日常的に発生している活性酸素を瞬時に除去するために、体内にはSOD(スーパーオキシドディムスターゼ)などの活性酸素除去のための酵素が備わっています。
しかし、60兆個もある人間の細胞の中には、この酵素の手を逃れた活性酸素が細胞を酸化させたり、DNAを傷つけてしまう危険性が指摘されるようになりました。

これが、活性酸素が様々な病気や老化の原因であると言われる所以です。

有機ゲルマニウムの作用

『有機ゲルマニウム』は、活性酸素とみずから結合し、酸化することで活性酸素を無毒化し汗や尿などから体外に排出する働きがあります。

水溶性ですので、腎臓やその他の臓器には一切の負担はありません。
また、酸化された体の組織の還元(健康な状態に戻す)にも役立つと考えられていますので、抗酸化物質として有名な、ビタミンC、E、ベータカロチンなどよりも、その有用性は高いといえるでしょう。

>>血流をスムーズに