気になる有機ゲルマニウムのお話

気になる有機ゲルマニウムの特徴を調査してみました

有機ゲルマニウムの特徴

鉱物由来が水溶性?!

『有機ゲルマニウム』の大きな特徴は、元々が鉱物由来の元素でありながら「水溶性」ということでしょう。

水溶性であるということは、70%が水分と言われている人体に取り込んでも、スムーズに吸収・排出され、効率的に利用できるということです。

人体において、あらゆる栄養分は血液・リンパ液など”水分”を介して吸収、排出されます。つまり、”栄養”として吸収できるものは、水に溶けやすい状態でなければ有効利用できません。

しかも、吸収したあとエネルギーにするには、有機化合物であることが必要です。
人間の体の大半は、タンパク質・炭水化物・脂肪などの有機物で作られ、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル分は有機化合物と言う、吸収されやすい形で取り込んでいます。
『有機ゲルマニウム』が有機化合物であり、水溶性であることが人体においていかに重要であるかということがお分かりいただけると思います。

水溶性の優位性

では、水溶性の有機ゲルマニウムを体内に取り込むと、体内でどのような効果があるのか?

それは、水溶性ならではの「血液内での大活躍」があります。

現代社会を生きる私たちは、公害、ストレスといった様々な外的要因で血液の状態が悪くなりやすい状態にあります。
酸素不足、ドロドロ血液、免疫力の低下など、血液の状態が悪くなることで引き起こされるものです。
『有機ゲルマニウム』は、その性質から血液中にスムーズに溶け込み、私たちの血液の状態を改善してくれる効果があります。

ゲルマニウムは、『無機ゲルマニウム』と『有機ゲルマニウム』に分かれます。
そして、地球の地殻に含まれる『無機ゲルマニウム』の成分を、何年もかけて吸収する植物に含まれるものが自然界の『有機ゲルマニウム』です。
ゲルマニウム含有量が多い植物としては、サルノコシカケ、高麗人参、アロエの葉、田七人参、はと麦の種子、ニンニク、クコの実などがあります。
いずれも漢方薬の材料や、体に良い食品として知られているものばかりです。

水溶性ではなく、人体に蓄積されると最悪の結果をもたらす可能性があり、毒性の強い『無機ゲルマニウム』を、上記の植物たちは、なぜ必要とし、摂取しているのか?それは、ゲルマニウムが植物の成長に欠かせない構成成分である、ブドウ糖、果糖や錯体を形成するということが近年の研究で明らかになりました。
錯体とは、化学反応を促進、または制御する成分のことで、人体でよく知られている錯体は赤血球中のヘモグロビンがあります。

『有機ゲルマニウム』は水溶性で、長期に渡って服用しても腎臓などの内臓に負荷をかけません。長期間に渡り経口摂取するのならば、良質な『有機ゲルマニウム』を選ばなくてはならないというのは、言うまでもありません。

しかし、食品などから毎日一定量の有機ゲルマニウムを摂取するのは非常に困難です。そこで役立つのが、化学合成された有機ゲルマニウムです。

アサイ有機ゲルマニウム

現在、幾度と無く研究・試験が繰り返され、安全性、機能性ともに確立されているのは「浅井ゲルマニウム」です。

「浅井ゲルマニウム」は「ゲルマニウムって何?」でも登場した、浅井一彦氏(工学博士:1908-1982)が1967年に開発に成功したもので、浅井氏自らも服用。病気を克服されたというエピソードもあります。

商標表示

アサイゲルマニウム

アサイゲルマニウムを使用している商品には
このマークが表示されています。

>>インターフェロン誘発