気になる有機ゲルマニウムのお話

そもそも無機ゲルマニウムは何故危ないのか?

無機ゲルマニウムの危険性

危ない?無機ゲルマニウム

ゲルマニウムと一口に言っても、『無機ゲルマニウム』は水溶性ではありませんので、長期間に渡り服用すると、腎不全・神経障害などの様々な障害が現れます。
日本でも、1986年に『無機ゲルマニウム』を長期に渡って飲んでいた方が死亡されるという不幸な事件が起こりました(※)。

では、『無機ゲルマニウム』は私達の健康維持にはまったく関係ないどころか、毒にしかならない。など、何かとネガティヴな印象を受けがちですが、果たしてそうなのでしょうか?

『無機ゲルマニウム』も使い方を間違えなければ、私達の健康維持に大きく貢献してくれます。
現在使用されている有名例は、「ゲルマニウムブレスレット」「ゲルマニウムネックレス」様々な医療器具など「身に着ける」もので私達は『無機ゲルマニウム』の効能を享受できます。
元々、ゲルマニウムの生理活性効果は『無機ゲルマニウム』で確認されているのです。

電流をコントロール

私達の体にも、微弱ながら電気が流れています(それを利用した検査では、心電図などがあります)。
人体を流れる電子ですが、ストレスや疲労などの要因でバランスが崩れてプラス電子が増えることがあります。
「体がなんとなく不調だな・・・」と感じるときは、体の中の電子がプラスに偏っていることが多いのです。
そこで活躍するのが、ゲルマニウムの「半導体性質」です。半導体性質とは、「光や熱などの条件によって電気を通す導体となったり、通さない不導体に変化する性質」のことをさします。

ゲルマニウムは、熱によってマイナス負荷の電子を発します。その温度は、およそ32度といわれています。
ゲルマニウムに限らず、金属元素と言われるものを皮膚に密着させると「電子浸透圧」という金属元素の持つ電子が体内に吸収されるという性質があります。
つまり、ゲルマニウムを皮膚に密着させることでマイナスの電子が発生し、このマイナス負荷の電子を、皮膚から取り入れることでプラスに傾き不調になった体の電流を、整えることができるのです。
よって、『無機ゲルマニウム』は半導体性質としての「電子活動」で、体の電流を整えるために利用するのが正しい利用法といえるでしょう。

レアメタルな無機ゲルマニウム

無機ゲルマニウムは、地球の地殻に広く分布しており、ほかの元素の中(主に石炭や銀など)に少量ずつ存在しています。
今では工場で生産されていますし、火力発電の灰などからも副産物として回収されますが、採取が非常に難しく大変稀少性の高いレアメタル(稀少な金属)と言われています。
日本では無機ゲルマニウムはほとんど採取できない状態になりつつあり、現在では中国のゲルマニウム市場に注文が殺到しているようです。

(※)1988年に、厚生労働省(当時の厚生省)から無機ゲルマニウムの長期多量摂取を控える行政指導が行われてます。

>>有機ゲルマニウムの特徴